オーセンティックギャラリーバー

月1で交流会を行っている祇園のオーセンティックバー。 昨日参加したのですが、そのバーで画廊(ギャラリー)も始めるそうです。 『authentic gallery BAR』の誕生とのこと。 期間限定のようですが、バーでありながら、ノエビア化粧品で有名な鶴田一郎画伯の「美人画」の展示販売も行うそうです。 店内に飾られているので、それを見ながら酒を飲むというのもなかなか乙なもの …

続きを読む

HPは動画の時代

昨日、 『門扇』伏水酒蔵小路店でお客様やその連れの方達と一緒に飲んでいた時の話。 『今の若者達が見るのは、テレビやパソコンではなく、ほぼスマホかタブレットやから、いかにその小さな画面に店のインパクトを残すかが重要 そして、これからのホームページは『動画』の時代や』 …だそうです。 確かに今やホームページは当たり前。 ただお店の宣伝や様子を静止画像で載せているだけでは、な…

続きを読む

地酒フェスタ

昨日、顧問先である日本料理店のおかみさんに誘われて、「地酒フェスタ」に行ってきました。 ウェスティン都ホテル京都であったのですが、24の酒造メーカーが出店しており、約100種類の日本酒の試飲ができるというもの!(^^)! 京都なので伏見が多かったですが、色、味、香りなどすべて千差万別で面白かったです。 ある酒蔵の甘めのお酒を試飲しているときに、お誘いいただいたおかみさんが言…

続きを読む

酒税っていくら?

昨日税金について話す機会があったので、そのうちの一部「酒税」(お酒の税金)についてここでも紹介します。 酒税は○%というのではなく、お酒の種類によって1㎘あたり○円というふうに決められており、基本的にアルコール度数の高いほど高くなっています。 そこで最近話題となっているのが、ビール系飲料 350ml換算になおすと、ビールは77円、発泡酒47円、第3のビール28円。 これを2026…

続きを読む

フードの工夫

今月上旬にリニューアルオープンした知り合いのバーに行ってきました そこは16年以上続いている京都のオーセンティックバーで、今までは基本的にフードを置いていなかったのですが、今回リニューアルということで、フードをメニューとして置くようになりました。 とはいえ、バーテンダー1人でやっているお店。 お酒だけでなくフードの準備まですべて1人でやらなくてはいけないので、大変なのでは…と思っていた…

続きを読む

昨日友人と京都のある日本料理店に行ってきました。 お料理もかなり美味しかったですが、それに見合う素敵な器を使っていたのが印象的でした 面白かったのが、日本酒のお猪口は自分の好きなものを選べたところ。 お猪口といっても、大きさ、形、色、分厚さは多種多様であり、それによって雰囲気もかなり変わります。 お猪口だけでなく、酒器も色々な種類がそろっていました。 特に日本料理などそれなりの…

続きを読む

もっと見る