たかが履歴書、されど履歴書

昨日、飲食業ではないのですが、顧問先のスタッフ採用面接の立会いをしました。
朝10時からお昼はさんで夕方5時まで、計17人。

受付メンバーと面接メンバーに分かれ、まずは面接に来た人に別室の受付部屋でアンケートを書いてもらい、そのアンケートをもとに受付メンバーはその場で軽く雑談。
その後、そのアンケートを先に面接メンバーに渡しながら雑談の印象を伝えた後、面接室へ案内。
面接メンバーは事前に送ってもらっていた履歴書とそのアンケートをもとに面接を開始。
・・・といった流れでした。

そこで感じたことは、履歴書は「人となりを表す」ということ。
結論として、履歴書の写真の様子、貼り方、字の感じ、書いている内容などから得た印象と、面接した結果の印象はあまり変わりませんでした。
履歴書で「なんか感じいいな」と思った人は、会って話をしてもやはりよかったです。

たかが履歴書、されど履歴書。
いいスタッフを雇用するための重要な判断材料です。

DSC_0126.JPG
↑↑↑履歴書とは全然関係ありませんが、弊社京都事務所近くの4店舗が入った「ざ らくちん室町横丁」の看板。なかなかインパクトがあります!(^^)!